10.子育て | エフ カウンセリングオフィス

10.子育て’ カテゴリー

子どもの考えていることがわからない

2013年09月11日

                         こどもが不登校になると、親子間のコミュニケーションが思うように取れなくなることがあります。 そうすると「子どもの考えていることがわからない」状態になります。 これは一見とても困ったことのように思えますが、全く別の見方をすることが重要です。 なぜ、親は子どもの考えていることがわからないのか? この問いに対して「だって、子どもが考えを話してくれないから」という答えでは、事態は進展しません。   子どもの考えていることがわからないのはある意味『当然』かもしれません。 ・・・なぜなら、子どもの価値観と親の価値観のあいだには、目に見えない大きな川が横たわ […]


続きを読む »

昼夜逆転を直すには?

2013年07月10日

「どうしたら子どもの昼夜逆転を直せるのだろうか?」 そんな思いを持っている方、多いと思います。 「子どもが学校を休んでいる・・・それでけでも気が滅入るのに。」 「何時になっても起きてこない、いつまで寝ているの!」 「せめて遅れを取り戻すために、早く起きて勉強してよ!」 次々と、いろんな思いが湧き出てきますね。 子どもが昼夜逆転の生活に突入していって、なによりも辛く感じること・・・。 それは、<このまま不登校がどこまでも続いてしまうのでは>という不安に襲われる、ということではないでしょうか。 ですから、不登校を「直す」ためには、「まず昼夜逆転を直さなければいけない!」と思うわけですね。 これはと […]


続きを読む »

子どもが動いてくれない理由

2013年06月17日

                      あなたは「不登校問題が解決する」という言葉から、どんなことを想像しますか? お子さんが小学校、中学校、高校、大学、大学院あるいは専門学校・・・。 どのステージにいるかどうかで、思いつく具体策というのも違ってくるとは思います。 まずは、あなたのお子さんの「不登校が解決した」場合を想像していただきたいんですね。 できるだけ具体的に、なるべくたくさん挙げてみてください。 どうでしょうか。 ざっと思いつくだけでも、いろいろありますね。 ・元の学校に戻って授業にでる。 ・転校して新しい学校に通う。 ・適応指導教室などに通いながら、中学校への進学に備える。 ・中 […]


続きを読む »

なぜ学校に行けないの?

2013年06月12日

                      わが子が学校に行けずに(あるいは行かずに)家にいる。 この状況はつらいですよね。 たとえば、子どもが熱を出してしまい学校を一日休む。 こんな経験はあなたもあるかと思います。 一日がとっても長く感じはしませんでしたか? 熱が出て具合が悪いのだからしょうがないことです。 でもでも、子どもが元気に学校へ行っている時にはわからなかった、なんだかとっても重い気持ち・・・。 そんな気持ちが湧いて出てきたのではないでしょうか。 熱を出して学校を休むだけでも気が重くなるのに、ましてや「不登校」ともなれば、その重さははかり知れませんね。 不登校に至る経緯は100人いれ […]


続きを読む »

ママ友問題(5)~外の世界

2012年10月19日

                    (前回の続きです~今回で終わります) 仲間外れにされるのではないかという不安、これは辛いですね。いつもビクビクしていなければなりません。 そして相手の一挙一動が気になって仕方がなくなります。 いつも誰かの顔色をうかがう、誰かの言葉に過敏反応してしまう・・・。 そんな神経質な母親の様子を、子どもたちは見ています。 母親の余裕のなさが子供に与える影響は意外とあったりします。 子どもに母親の不安感が伝染していく可能性もあります。 例えば…母親同士が足の引っ張り合いをするのを子どもたちが真似をしたり、イジメもしかり。大人たちがイジメをするのを子どもたちはじっと見 […]


続きを読む »

ママ友問題(4)~嫉妬心

2012年10月17日

                              (前回の続きです) 人間の感情というのはどうしてこんなにも厄介なのでしょうか。 思うようにならない感情・気持ち。 仮に思うとおりにしたところで、どこかで無理が生じる。 感情は自分のものであるはずなのに、何故かその自分の感情に翻弄されてしまう。 例えば「嫉妬心」。 厄介ですよね。 でも、誰の中にでも多かれ少なかれ存在する感情ではないでしょうか。 自分の中だけでくすぶっているうちはまだいいのですが、この嫉妬心が外へと噴出してくると、 周りの人間をを巻き込んで次第にトラブルとなっていきます。 最初のうちは「羨ましい」と思うだけだったのに、少 […]


続きを読む »

ママ友問題(3)~重圧

2012年10月15日

               子どもを通したお付き合い、そこから始まる母親同士のコミュニティ。「ママ友」という名の重圧・・・。 そこにあるのは様々な思惑が渦巻く過酷な環境。 その過酷さ・激しさは、ビジネスの世界で繰り広げられている熾烈な戦いに匹敵するといっても過言ではないのではないでしょうか。   子どもの同士の出来事が発端となり、ママ友の間に微妙な対立の空気が漂う。 最初は小さな空気の動きだったものが、いつしか嵐のような様相を帯びてくる。 気が付いた時には誰にもその勢いを止められない・・・。  一人二人と、さまざまに追い詰められた気持ちになる人が出てきたりします。 母親たちをそこまで追い詰め […]


続きを読む »

ママ友問題(2)~代理戦争

2012年10月14日

            (前回の続きです) 小学校へ子供が通うようになると、心配事がたくさん出てきます。 学校での生活のこと、勉強のこと、先生のこと、お友達のこと・・・。 とりわけわが子の友達関係は親にとっての懸案事項となります。 仲良くやれているだろうか? 仲間外れにされてないだろうか? わが子に、学校の友達という集団の中で上手くやっていってほしい。 あわよくば、その集団の中で「優位な立場」をゲットしてほしい・・・。 そう思う事は母親にとってごく自然なこととも言えると思いますし、別段責められることでもないと、私は思います。 (もちろん、母親全てがこのように思う、という事を言っているのではあり […]


続きを読む »

ママ友問題(1)~大人の思惑

2012年10月9日

                              何日か前のことですが、ネットで「ああ、遂にここまできたか」という記事を目にしてしまいました。 都内のある小校学校で「ママ友同志の会合禁止令が出された」というものです。 私はその記事が掲載されたという雑誌に目を通したわけでもないですし、そもそも事の真偽もわかりません。 で・す・が・・・。 学校が親同士の付き合いに口を挟まざるを得ない状況、というのは想像できました。 (ここからはその記事についてではなく、あくまでも私の考えですので、その点ご留意のほどお願いいたします) ママ友同志の会合ってなに?という人もいるかもしれませんね。それは何かと […]


続きを読む »