08.対人関係・コミュニケーション | エフ カウンセリングオフィス

08.対人関係・コミュニケーション’ カテゴリー

急に冷たくなったワケ

2015年11月2日

何かに悩み始めて自分で解決しようと試みる。あれやこれやと考えてみるのだけれどなかなか悩みをスッキリさせることが出来ない。頭の中にさまざまな思いや考えが浮かんで消え消えたと思ったらまた浮かび上がってくる。このグルグルとした出口のないループにはまってしまうと抜け出すのは容易ではありません。ネットで調べたり、本を読んだりして解決の糸口を探そうにもそこでもまた、あれがいいのかこれがいいのかで頭を悩ませてしまいます。どれもこれも良いようで何か今一つ決め手に欠ける…。じゃあ、これはどうかな?とまた新たな答えを探しに行く。でもピンとこない。まるで出口が無い迷路のようです。この状態はあまりにも辛いので友人に相 […]


続きを読む »

嫌われるのが怖い

2015年09月18日

人から嫌われたくない。誰もがそう思います。いえ、そうは思わない人もいるかもしれません。でも大多数の人は「他人から好かれたい」と思うのではないでしょうか。もちろん私もそう思っていました。嫌われるのが怖い、みんなから好かれたい…と。嫌われるのが怖かったので、常にビクビクしていました。こんなことを口に出したらどう思われるだろう?嫌な気持ちにさせてしまうかもしない。不快な思いを持たれてしまうのではないだろうか?「人からどう思われるか」が頭の中を占領しましたこう思い始めるとさらに気になるのが他人からの視線です。「どう見られているか」が気になって気になって仕方がありませんでした。表情がおかしくはないだろう […]


続きを読む »

どこまでも自分を守る

2015年06月30日

人間関係で悩むとき、コミュニケーションが上手くいかないと感じるとき、そんなときに必ず起きる現象があります。それは、誰かの言葉・何かの言葉によって、自分の気持ちが傷ついたと感じるという現象です。言葉が胸にグサッと突き刺さる感じ、という表現が近いでしょうか。とても不快な気分になったりあるいは怒りが湧いてきたり、悲しくなったり・・・様々な反応が自分の内面に起こってきます。忘れようと思っても頭から離れない。あの人はなんであんなことを私にわざわざ言ったのだろう?このように「なぜ?」と考え始めると事態がこじれますなぜなら自分に非があるのでは?という悪循環に入ってしまうからです。自分に非があるとか無いとか相 […]


続きを読む »

どこまでも自分を理解してほしいという思い(続)~理解してくれる人

2015年03月11日

★どこまでも自分を理解してほしいという思い の続きです理解を求めてもそう簡単に自分を理解してもらうことはできないし、深いところまでしっかりと理解してもらうことは難しい。そこまでは想像がつきました。でもここで疑問が出てきます。「本当に自分の気持ちを誰かに理解してもらうことは不可能なの?」と。もし仮に理解してもらうことが不可能だとしたら、そんな殺伐な人生は耐えられないと私だったら思うかもしれません。自分の「気持ち」を誰かに理解してもらわなくては生きていくことは苦しみ以外の何物でもなくなってしまうのではないでしょうか。では「自分の気持ちを理解してもらう」とはどういうことなのか、いま一度立ち返って考え […]


続きを読む »

どこまでも自分を理解してほしいという思い

2015年02月18日

自分をどこまでも理解してほしい、そう願う気持ちは自然なことだと思います。かつて私もそのように願っていました、それこそ病的なまでに強烈に。「どんなに頑張っているか、認めてほしい。」「どんなに辛さを感じているか、わかってそして慰めてほしい。」「どんなに悔しいか、私と一緒に悔しがってほしい・・・。」大体はネガティブとされている思いを「わかってほしい」ことが大半でした。ところがこの「わかってほしい」が曲者<くせもの>なのです。正しいとか間違っているということではありません。「わかってほしい」思いが度を越していくと、それが自分自身を苦しめるものとなってしまうということなのです。自分の思いを相手に伝えてみ […]


続きを読む »

人間不信~他人を信じることができません(2)

2014年12月28日

人間不信~他人を信じることができません(1)  の続きです誰かのことを信じるのは自由です。でも「信じる」ということに「何かを期待する」思いがくっついていると、結果として自分の欲望が満たされなかったときに「裏切られた…」となってしまう・・・。そんなことを前回の記事では触れていきました。さらにもう少し詳しくみていきたいと思います。そもそも何を目的として「信じる」のでしょうか。たとえば「信じたことが実現する」ということが目的になっている場合が多いのではないでしょうか。●試験に合格するのを「信じる」●宝くじが当たるのを「信じる」●明日晴れるのを「信じる」●仕事のプロジェクトが成功するのを「信じる」●景 […]


続きを読む »

人間不信~他人を信じることができません(1)

2014年11月12日

   この人のことを信じていいのだろうか?この人は私に嘘をついているのではないだろうか?いつか裏切られるのではないだろうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人間不信になると、このような考えがジワジワと頭の中を占領していきます。根拠のないことを信じることができなくなります。さらに不信感が募っていくとどうなるか…。仮に根拠や証拠があったとしても、「そんなはずはない、私は騙されているに違いない」などとなっていきます。この時に頭の中に居座っているのは「自分のまわりの人はみな敵だ」というようなものです。私に好意を持ってくれる人などいない、誰も私をわかってくれない・・・。だから私は […]


続きを読む »

周囲がみんな敵に思えてしまう

2014年07月1日

自信がない、自信が持てない。その背景には他人の視線というものがくっついていることが多いようです。●他人からどう見られているのだろうか?●私は〇〇な人間だと思われているに違いない。●こんなことを言ったらどう思われるだろうか?●あんなことをしてしまったら嫌われるかもしれない。などなど挙げればきりがありません。考えれば考えるほど、頭が冴えてきます。こうに違いない、きっとそうだ・・・云々。自分の頭の中から出てくる「予測」」は、たいてい楽しくないものが大半です。●嫌われている、嫌われた。●バカにされている、見下されている。●普通ではない、変だと思われている。●世間知らずだと思われた、失礼だと思われている […]


続きを読む »

沈黙する人

2013年12月7日

                    話そうと思っても声にならない。 なにか言おうとしても言葉にできない。 こんな経験はありませんか? あるいは・・・ 何を聞いても答えてくれない。 自分からなにかをしゃべろうとする気配が無い。 こんな人があなたの身近にいませんか? 自分の言葉でしゃべれる人は幸せだと思います。 しゃべりたくてもしゃべれない、自分の言葉を失ってしまった人がたくさんいます。 それが「沈黙する人」です。 人は誰でも自分のことを理解してほしいと思うものです。 自分が経験したことを聞いてほしいと思うものです。 嬉しかったこと、楽しかったこと。 悲しかったこと、腹が立ったこと。 どんなこ […]


続きを読む »

もしも聴いてもらえたら・・・

2013年08月22日

                  自分のことを理解してほしい、聴いてほしい・・・。 素直な自分、本当の自分を出そうと思えば思うほど難しく感じてしまうことは、意外と多いのではないでしょうか。 なぜなら、「自分」を表現しようとするときに、相手の反応を気にしていろいろと考えてしまうからです。 ●私の考えは間違っているのではないだろうか? ●こんなことを思ってしまうなんて、私はヘンなのではないだろうか? ●話したところで、理解してもらえないのではないだろうか? このように、あげればきりがありません。 それでも聴いてほしいと思う気持ちがありますよね。 自分の頭の中で考えているだけだっったり、あるいは日 […]


続きを読む »