05.執着についてのこと | エフ カウンセリングオフィス

05.執着についてのこと’ カテゴリー

それは執着ではないかもしれない

2016年11月20日

多くの方が関心を持っているテーマの一つに「執着」ということがあります。見渡してみると「執着」に関することがいろいろと語られていたり、さまざまに書かれていたりします。執着はよくないよ、とか執着を捨てましょう、とかあるいは執着から抜け出ると楽になる!などなど、挙げればきりがありません。かくいう私もこのブログで執着について数々の投稿をしています。そして今回もまた、執着について別の角度から考察してみたいと思います。自分がどんな時に「ああ、執着してるな」と感じるか?思い起こしてみるとひとつには長い間その人(あるいは「もの」「こと」)を思い続けていたり考えつづけていたり、そんな場合です。 いつまでも未練が […]


続きを読む »

思い通りにしたいという執着

2016年09月22日

もしも自分の思い通りになったとしたらどんなにいいだろう。このような思いというのは、特に悩んでいるときにはつきものですね。あれもこれもどうにもならない。自分の思うようにことが運ばない、そんな残念なことばかり。なんて自分はツイていないんだろう?どうして私だけがこんな目に遭うのであろう?周りの人たちはみんなうまくやっているように見えるのに…。ああ、すべて自分が思う通りになったらいいのに!!こうも考えたくなりますよね、踏んだり蹴ったりの酷い状態が続くと。いろいろな場面が思い浮かぶと思うのですが、とくに「自分のことをわかってくれない」というような場合、何としても自分のことをわかってほしい、わかってもらう […]


続きを読む »

執着を絶つために心に留めておきたいこと

2016年06月28日

 もうこれ以上執着するのをやめよういいかげん諦めようどうしたら執着を捨てることができるのか?もうこの際ズバッと割り切ってしまおう!でも、できない…私はこうしたな堂々巡りを一体どれくらいしてきたことでしょう。恥ずかしながらこのループを飽きるほど繰り返し繰り返しやってきました。何も得るものなど無いのに、時間だって無駄にしている?でもでも、どうしても元のところに戻ってしまうのでした。そんな自分のことをどれだけ責めたことでしょうか。優柔不断、諦めが悪い!これでもか、これでもかと自分にムチ打って奮い立たせて、いろいろ試してみるもののでも、どうにもならなかったのです。執着を捨てることのできない苦しさとはど […]


続きを読む »

執着の行きつく先は…(4)悪夢から目覚める

2014年05月30日

執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース の続きです私が犯していた決定的な過ち・・・。それは、自分の気持ちに変化が起こるという可能性に全く思い至らなかったということです。「変化が起こるなんてありえない」疑問も抱かずにそう思い込めるほどに「執着する意志」が強く横たわっていたということです。執着を向けていた対象は自分にとって最高に大切なモノであり、これなくしては自分の人生は成り立たない。そのくらい強く思うことができていたわけです。その思いが自分のすべてを「支配」していたのです。何か特別なものにコントロールされていたといっても過言ではないでしょう。自分本来のセンサーが働かなくないた状態です。目を […]


続きを読む »

執着の行きつく先は…(3)パズルのピース

2014年05月7日

                        執着の行きつく先は・・・(2)私に欠けているモノ の続きです   一体、何が欠けているのだろう? 何で埋めればいいのだろう?と・・・ 「これで埋めれば寂しさは不安は解消されるかもしれない・・・」 かつて私はそんな漠然とした思いを抱きながら、まるでパズルのピースを探し求めるようなことをしていったのでした。 そうです、パズル。 ジグソーパズルの最後のピース? これさえ手に入れることができれば上手くいくかも?? そんな気がしていたことも確かです。 そして目につくものにとりあえず手を伸ばしてみる。 いかにも「それらしく」見えるものが目の前に転がっている・ […]


続きを読む »

執着の行きつく先は…(2)私に欠けているモノ

2014年03月31日

                     執着の行きつく先は…(1)苦しみの正体 の続きです   執着している「何か」。 その「何か」を失うことへの不安。 そんなことを考えていると、自分の中に大きな穴がぽっかり空いてしまうように感じる。 何を隠そう、この私がそうでした。 だから必死でつかんで自分の元に置いておこうとするわけです。 でもそれは実現しないのです。 そもそも自分には手の届かないモノを欲しているわかけですから・・・。 あきらめきれなかったのは、ぽっかりと空いている大きな空洞を見たくない、認めなくない、そんな心持だったように思います。 物心ついたころから、何か自分は普通の人とは違うという […]


続きを読む »

執着の行きつく先は…(1)苦しみの正体

2014年03月5日

                              「執着を手放す」という検索ワードでこのブログにたどりつかれる方が最近とても多いです。 ですので、さらに深くこのテーマを掘り下げてみます。 そもそもなぜ執着というものを手放そうとするのでしょうか? それは執着していると苦しいから・・・。 ここまでは誰もが認めるところでしょう。 「執着」を「手に入れられる可能性がゼロに等しいものを欲すること」と定義すると、確かに手放した方が楽になれそうです。 だから皆、血まなこになって「執着を手放す方法」を探しまわるわけです。 「苦しいから執着を手放したい」――のどから手が出るほど欲しいものを諦めてでも苦 […]


続きを読む »

執着との訣別

2013年12月31日

                    今年も残すところあとわずかになりました。 いろいろな方との出会いがあり、貴重な時間を過ごさせていただいたことに感謝です。 皆さま、どうもありがとうございました。 出会いがあれば別れもあります。 別れがあるからこそ新しい出会いがあります。 これはよく言われていることです。 場合によっては、別れを告げなければ新しいものに出会えないということもあります。 新しいものに出会う、新しい道を進むために訣別しなければならないもの・・・ それが「執着」というものなのではないでしょうか。 手に入れたい、欲しい! そう強く願っていても叶わない。 でも諦めきれないから苦しい・ […]


続きを読む »

執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間

2013年10月19日

                      執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる の続きです   執着の中身をのぞいてみたものの、言葉でなんて表現しきれない・・・。 なぜなら、執着してしまう対象が、一言で言い尽くせないほどの深い意味のあることだからです。 自分にとって大切なもの、ということです。 しっかりと理解しないまま、いとも簡単に捨ててしまおうとするから「苦しい」のかもしれません。 苦しみたくない、苦しさから逃げたい、苦しさを消してしまいたい・・・。 そう思うのは無理もありません。 誰だって苦しいのは嫌なものです。 でも、どうせ簡単に捨てることが叶わないのなら、その苦しみの元と […]


続きを読む »

執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる

2013年10月13日

                執着を手放せない~(1)その大切な意味 の続きです   執着の苦しみがズキズキと痛む・・・。 自分の中の「何か」が手当てをして欲しいと訴えている・・・。   おそらく、この「何か」を放置したままでは痛みは消えないでしょう。 執着が手放せないというのは、こういうことなのだと思います。 目をそらさずに、しっかり自分のこの目で凝視するべきものがある、ということです。   そもそも、「これ」に執着したのはなぜか? この問いを考えてみる必要があるのではないでしょうか? 「人」で考えてみます。 どうしても「この人」でなければいけないわけです。   そのわけは? ●ルックスで […]


続きを読む »