03.孤独感・疎外感 | エフ カウンセリングオフィス

03.孤独感・疎外感’ カテゴリー

頑張れば頑張るほど孤独を感じる…

2017年05月4日

人とつながっていないとなんだか寂しさを感じたり誰かにわかってもらえないと孤独が身に染みる…だから私はかつて、一生懸命に努力をしました。誰かとつながろうと。そのために自分のこと理解してもらおうとそれはそれは必死でした。自分のことをわかってほしい! これは自分の「考え」を理解してもらうことでもありました。なぜ私の考えをわかってくれないのだろう?何度も何度も説明しているのに、それでもわからない?一体どういうことなのだろう?不思議でしかたがありませんでした。自分の中では非常に理屈が通っていて、おかしなところなど一つもない…。私の考えのどこが間違っているというのか?もしかしたら相手の理解不足なのだろう。 […]


続きを読む »

私の周りに誰もいない

2017年02月18日

ふと気がつくと自分の周りには誰一人としてこの私を理解してくれる人なんかいない底なしの孤独感につつまれるさっきまで楽しくしゃべっていたのに今はどうだろう?楽しい?どそれどころかむしろその逆ああ、やっぱり一人なんだなもしかしたら多くの人がこのような孤独感に襲われたことがあるのかもしれません「大丈夫だよ」と人から言われても「うん、大丈夫に違いない」と自分に言い聞かせてもなぜかモヤモヤするのです。どこまで行っても、何をしても、拭い去ることのできない孤独感。自分以外の誰かと一緒に過ごしたり楽しい出来事を共有することはできます。楽しいことだけではありません。悲しい気持ちを聴いてもらって慰めてもらって…とい […]


続きを読む »

孤独な戦い

2016年08月18日

自分の苦しい胸の内重くのしかかる不安なんとも表現しがたい違和感悩みというのは一口に簡単には説明できないものです。もちろん、表面的なことでいえば「~に困っています」とか「~が出来なくて辛いんです」のように言葉にすることは、可能です。ところが一歩進めて検証してみると・・・その奥底にある「本当の辛さ」のようなものは、上手く説明できない場合が多いのではないでしょうか?仮に、上手く言葉にすることができたとしましょう。「言葉にしてこれまですっと訴えてきた!」こんな経験を重ねてきた方もいらっしゃるかもしれません。でも、こんな問いが浮かんでくるのではないでしょうか。はたして相手に理解してもらえたか? 残念なが […]


続きを読む »

それぞれの道、それぞれの旅路

2016年05月14日

 悩みや苦悩から抜け出すのに時間がかかる、よくあることですよね。ひとつのことに何年も何十年も悩み抜く、そんなことも少なくはありません。かんたんには割り切れないすぐには解決できそうにないとても複雑で、何本もの糸がたばになっているかのよう下手にいじると、かえってその糸が絡まってしまうそもそも答えがすぐに出るようなことに人は悩まないものです。だからこそ、時間がかかる・・・・・とても根気のいるプロセスと言えるかもしれません そして更なる問題が出てきます。それは、いつしか周りが気になってくる・・・という問題のことです。自分以外の、自分ではない他人の様子が気になる・・・。自分と比べるとどうだろう?自分は「 […]


続きを読む »

言いようのない孤独感~(2)絶対的な居場所

2015年12月31日

言いようのない孤独感~(1)愕然とする の続きです一日を終えて眠りにつくとき、その瞬間は自分一人だけの時間。自分以外の誰かとその瞬間を共有することなどできないのです。昼間、どんなに楽しく過ごしても、どんなに大勢の人に囲まれていても、夜の、この瞬間には…「一人ぼっち」になる。この現象は誰の身にも等しく現れます。まるでそれは人生そのものであるかのようですどんなに大勢の人に囲まれて思いどおりに楽しく過ごすことができたとしてもそれは永遠には続かない…。人生の「昼間」が終りに近づき、人生に「夜」が訪れるとき、その瞬間を誰かと共有することはやはり、どう考えても不可能です。この歴然とした成り行き、ともいうべ […]


続きを読む »

言いようのない孤独感~(1)愕然とする

2015年12月24日

今年も後わずかになってきました。この時期になるといつにも増して街の喧噪が際立ってきます。1人で外を歩くと余計に・・・・1人で街中に出てみる、行きかう人々の姿が目に入る。自分は1人でこうして歩いているけれど、周りの人々は皆楽しそう。仲よく話をしながら歩いている人々。友達なのか、カップルなのか、それとも家族なのか、よくはわからないけれど、とにかく楽しそうで羨ましい。このようなな光景を目にすると、孤独感が増していきます。なんだか自分だけが取り残されているような感じ…。ポツンと一人だけ、ただ、そこにいる私は 誰の目にも映っていない?誰も私がここにいることを認識していない?そんな風にも思えてきます。いや […]


続きを読む »

孤独感にのみこまれそうになった時には…

2014年02月5日

                    人の輪に入れない、頑張って入ってみても浮いてしまう。 自分だけが異質な存在であるため、そこに一緒にいることが申し訳ない感じ。 だから遠慮してその場を離れる・・・。 そしてまた一人ぼっちに戻ります。 でも寂しくてたまらなくなる。 特に夜の闇が深くて恐ろしい・・・。 眠れない。 孤独感にのみこまれて窒息しそうになります。 こうなると本当に辛いです。 かつて私もこんなふうに辛かった時期がありました。 もちろん今ではそれほどでもありませんが、いつも人の輪に入れていない感じがなんとなくしているんですね、実は。 疎外感というのではないのですが、一人、ぽつ~んとはなれ […]


続きを読む »

疎外感がループする

2013年09月10日

                   いつも集団から疎外されている感じがする。 近づこう、中に入ろう・・・そう思ってはいるが、はじかれるような気がする。 みんなが私を「特別扱い」して外す・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 疎外感・・・この思いを抱いたことのある人ならば、その辛さは改めて説明するまでもないでしょう。 かくいう私も過去にさんざん味わってきました。   「疎外感」は「仲間外れな感じ」と言いかえてもいいかもしれません。 自分だけが仲間に入れていない、一人ぼっち・・・ということです。 ただ一人ぼっちなのではなく、「一人にされてしま […]


続きを読む »

仲間外れ感、疎外感について(5)~到達点

2013年04月3日

                                        (前回の続きです) 自分の本心に蓋をして、仮面をつけて集団の中に再び入り込む。 そうすることで見えてきた、そこにいる人々の苦痛の表情・・・。 もしかしたら仮面をつけていたのは自分だけではないのかもしれない。 そんなことに気が付くのです。 あれほど「同化」したいと望んでいたはずの「集団」がとても息苦しいものに感じられてきます。 自分がこれほどまでに仲間になりたいと思っていたはずの「彼ら」。 確かにまたこうして「仲間」になることができました。 でもそれは、安心して信頼できる「仲間」ではありません。 なにか<わけ>があっ […]


続きを読む »

仲間外れ感、疎外感について(4)~仮面をつける

2013年03月24日

                      (前回の続きです) 自分の「本心」を闇に葬ることに成功すると、再び集団の一員として 仲間に入れてもらうことができるようになります。 これで、とにかく自分の居場所ができるわけです。 本心を隠したままですから、上手に周囲に溶け込むことができます。 もちろん「本当の自分」を封じ込めたままなので、異常な状態ではあるのですが・・・。 でも、なんとかやり過ごす努力をします。 また仲間外れにされて、外に放り出されるよりマシだと自分に言い聞かせます。 偽りの自分、仮面をつけた自分。 そこには本来の自分らしさは存在しません。 もちろん、感情も封じ込めたままです。 感情 […]


続きを読む »