3月, 2012 | エフ カウンセリングオフィス

2012 ,3月

本当の自分を外の世界に解き放つ

2012年03月30日

「本当の自分」の存在に気がついたら・・・。 外へ出るのに躊躇していた「嘘の自分」にサヨナラをして、外の空気を思いっきり 吸ってみたいとは思いませんか? でも、でも、今までさんざん外に出ようと試みて、酷い目にあったり傷ついたりしてきたとしたら、 今度もまた同じことの繰り返しになるのではと不安になりますよね。 そんな不安を全部ふりはらって、気分よく外の世界を歩く方法はないものでしょうか? やはり裸のままで出歩くのは止めた方が良さそうですよね。 自分の身を守りながら、自分をカッコよく素敵に見せる…。 これくらいしたって罰は当たらないでしょう。 時と場所に合わせて洋服を選ぶように、自分の心にも「演出」 […]


続きを読む »

本当の自分がいることに気づく

2012年03月28日

昨日まではあんなに寒かったのに、急に春めいてきました。 東京は、ポカポカと暖かく気持ちのいい一日です。 新しく始まるそれぞれの生活に胸を躍らせている人も多いことでしょう。一方で、人間関係が上手くいかずに思い悩んでいる、他人からの心無い言葉に傷つき、 いつも辛い思いをしている…そんな人も意外に多いかもしれません。 例えば・・・ 「あ~あ、お前は何をやってもダメな人間だね」 「アンタ、ちょっと甘えてるんじゃないの?」 「君ってさぁ、人の気持ちがわかんない人だね」 「この役立たず!」 「うざーっ、ちっ!」 などなど、傷ついてしまいそうな言葉って、いろいろありますよね。 あえて書きはしませんが、その人 […]


続きを読む »

春の嵐

2012年03月26日

もう4月も目前だというのに、肌寒い日が続いていますね。風も冷たいです。 日によっては強風が吹き荒れて、ぶるぶる震えながら肩をすぼめて歩いています。 私は寒いのがあまり好きではないのですが、それ以上に強風が大の苦手です。 花粉症というのもあるのですが、なにかこう、自分のペースをかき乱される感じがして 嫌なんですよね。 自転車のペダルが重たくなるは、帽子は飛ばされるは、ベランダにゴミが舞い込んでくるはで 鬱陶しい感じがして、風が強い日はテンションが下がります。 人間関係でも似たような思いがするんですよね。 穏やかな空気が流れているところに、いきなり感情の高ぶりを遠慮もなくぶち込んでくる人・・・ そ […]


続きを読む »

檻<おり>の中の自分

2012年03月23日

動きたいのに動けない、気が付けばそんな自分になっていました。 動かなくてはいけないのに動くことができない。 なぜ動けないのかわからない、何が自分を動けなくしているのか見当もつかない、 考えても分からない。 自分はどこかおかしいのではないか、異常があるのではないか、 はたまた狂ってしまったのではないか? そんな思いが頭の中を駆け巡っていくのでした。 まるで檻の中に閉じ込められて身動きがとれなくなってしまったかのようでした。 目には見えないけれども、そこにはたしかに檻が存在していました。 私はその檻の中に閉じ込められていたのでした。 努力しなければいけない。 失敗しないように考えなければいけない。 […]


続きを読む »

不安感で押しつぶされそうになる

2012年03月15日

失敗することが怖いと思い始めると、失敗したその先の事<失敗したらどうなってしまうんだろう>という考えも湧いてくることはありませんか? 私はこれで随分長いこと苦しんできました。 何か行動を起こして失敗した場合、そこには最悪の事態が待ち受けているのだという恐ろしい未来予想図。 この恐怖の未来予想図を、私はこれまでの人生の中でいったいどれくらい、頭の中に思い描いてきたことでしょうか。 思い描くたびに不安感に襲われて、恐ろしくて身動きが取れない、行動ができなくなってしまうのでした。 別の方法を考えようとしても、またそこには別の恐怖の未来予想図が半ば自動的に用意されてしまうのです。 上手くいくことが想像 […]


続きを読む »

相手を理解する~誰のために?

2012年03月13日

人とわかり合うことって、ホントに難しいですよね。 自分と同じような考え方や感性の持ち主であればまだしも、 自分とは似ても似つかぬような人とは、いくら語り合ったところでわかり合えない、通じない。 わかり合おうと努力することが徒労に終わることも少なくありませんよね。 それなのに巷には「他人を理解しましょう」とか「痛みを分かち合いましょう」とか 「思いやりが大切です」とか・・・そういった<標語>があふれています。 私たちは精一杯、努力してきました。 他人をわかろう・理解しようと一生懸命に! でも、でも、わかり合えない・理解できない、だから困惑している…。 それ以前に、自分を分かってもらえない・理解し […]


続きを読む »

傷つけたかもしれない…

2012年03月9日

あんなこと言ってしまった、こんなことを喋ってしまった、 どうしてもっと上手に言えなかったんだろう? 後になって思い出してみて、自分の発言を後悔することってありますね。 ああ、恥をかいてしまった~!と穴があったら入りたいという気持ちになることも あるかもしれません。 それでも、恥をかいてしまった程度のことならば、自分自身で気持ちの整理をつけることで、 そこでとりあえず問題は解決します。厄介なのは、自分の発言で誰かを傷つけてしまったかもしれない、という場合ではないでしょうか。 一度口にした言葉というものは、取り消すことはできません。 そして、紙に書いたりメールしたりといった言葉は、時としてさらに強 […]


続きを読む »

<棘>を感じる言葉への対処法

2012年03月6日

言葉を介して他人とやりとりをする、そこにはいろいろな可能性が隠れています。 嬉しくなる、楽しくなる、感動する、感謝の気持ちが湧いてくる… こんなことばかりだったら素晴らしいのですが、実際にはそうもいきません。 ある人の口から出たある言葉に<棘>というものを感じてしまう、こんな経験はよくありますよね。 特に心が弱っている時というのは<棘>に対するセンサーが必要以上に敏感に 作動してしまいます。 そのため、人の言葉を聞くだけ・目にするだけでも辛いと感じてしまう人も多いかと思います。 では、この辛さを無くすにはどうすればいいのでしょうか。 その方法を、古今東西いろいろな人がいろいろな表現で教えてくれ […]


続きを読む »

取り戻せない過去

2012年03月2日

悩み続けていると、あっという間に時が過ぎていってしまいます。 ああ、今日も一日何もしないで終わってしまった、無駄に過ごしてしまった…。 そんな気分になるのは嫌なものですよね。 さらに完璧主義の人は、一日のスタート時点でつまづいてしまうと、それだけでその日一日がすべて台無しになってしまうような感覚がするのではないでしょうか。 まさに私がそうでした。 例えば午前中にやろうと思っていたことが実行できなかったりすると、もう嫌になってしまって午後はダラダラしてしまうか鬱々と落ち込んでしまうか、そんなことがよくありました。 自分の人生についても似たような感覚に襲われていました。 もう、何十年も無駄に時間を […]


続きを読む »