9月, 2012 | エフ カウンセリングオフィス

2012 ,9月

もしも言葉がなかったら

2012年09月26日

もしも言葉というものがなかったとしたら、どうなるだろうか? ・・・私は時々こんなことを考えます。 まあ、こうして考える事も「言葉」を使っているわけですけれどね。 言葉が無ければ、今のように便利で文化的な生活はできないでしょう。 でも、少なくとも「悩む」ということは減るのかもしれません。 だいたい「悩み」とか「苦しみ」とかいう概念すらも言葉が無ければ存在しないわけですからね。 不思議なものです。 言葉があるから概念が存在する。 概念があるから「そうだと思う」。 言葉そのものに実体はありません。 この手で触ることはできないのです。 文字や音声となって私たちの頭の中に入り込み「浮遊」しているだけです […]


続きを読む »

万事休す

2012年09月19日

わたしたちは問題にぶち当たった時、解決策を考えます。 ああでもない、こうでもないと頭を働かせ、いろいろと試してみます。 ラッキーなことに一度で上手くいくこともあれば、何回やっても何をやっても上手くいかない。 そんなこともありますよね。 本を読み漁り、ネットを徘徊しまわり、情報を手当たり次第に手に入れる。 それでも問題が解決しない。 そうして最後は人に助けを求めてみる。 頭を下げて、助けて下さいとお願いする。 力になってくれる人はいるものです。 ああ、よかった。 これで何とかなるかもしれない。 助けてくれる人に出会えて、自分はなんと幸運なんだろう。目の前の闇が一瞬にして消え去り、天にも昇った気持 […]


続きを読む »

正解はどこにある?(2)~選択の余地

2012年09月12日

(前回の続きです) 「もしかしたら、いつか裏切られるのではないかだろうか?」 「この人のことを100%信じても大丈夫だろうか?」 打ち消しても打ち消しても、湧き上がってくる疑惑の念・・・。 それでも信じてみることを試みます。 なぜなら・・・。 正解だと信じることのできるものにすがりたいから? 間違いや失敗が怖いから? そして案の定、裏切られる。 正確に言えば、裏切られたと「感じる」。 自分が信じた人・・・。 その人には、永遠に自分が期待する通りの存在であってほしい、永遠に自分の理解者・自分の見方 であってほしいと思います。 それは、人間としてごくごく普通の感情だと思います。 ところがそうはいか […]


続きを読む »

正解はどこにある?(1)~疑惑の念

2012年09月11日

私たちは子供のころから、正解を探すことを当たり前のこととして育ってきました。 学校ではいつも「正しい答えを見つけること」に一生懸命でした。 そうでもしなければ怒られしまうからです。 皆が皆、そうとは言い切れないかもしれません。 でも大部分の人はそうではなかったでしょうか。 「先生」がいて「教科書」がある。 「専門家」がいて「立派な専門書」がある。 「カリスマ」がいて「マニュアル」も世にあふれかえっている。 そして、インターネット。 キーワードを叩けば、一瞬にして莫大な量の検索結果が画面上に現れる・・・。 手をちょっと伸ばせば、欲しかった「正解」がすぐにでも手に入りそうです。 これかな? いや、 […]


続きを読む »