2月, 2013 | エフ カウンセリングオフィス

2013 ,2月

「ACの回復」にピンとこなかったワケ

2013年02月22日

                      私は「回復」という言葉を聞くと、パッと浮かんでくるイメージがあります。 怪我が治る、とか病気が治るとか、そういうイメージです。 もともと「正常」だったものが、ある原因によって「異常」となってしまった。 この「異常」な状態がもとの「正常」な状態に戻ることを<回復>という。 そんなイメージというか、定義が思い浮かぶのです。 「ACの回復」についても同じように感じてまうのです。 「ACでいる状態は異常なのだから正常に戻さなければならない」 こうなるわけですね。 「怪我や病気を治して元に戻すように、ACも治して(癒して?)元に戻さなければならない。」 「回復 […]


続きを読む »

ACの回復って?

2013年02月17日

                      皆さま、こんにちは。 このブログをご覧になっている方は、少なくとも「アダルトチルドレン」という言葉には 慣れ親しんでいる方も多いかと思います。 関連書籍などもお読みになったり、インターネットでも情報収集をされたりと、 ACについてとても詳しい方もいらっしゃるでしょう。 私もそうでした。これでもかというくらい、情報取集をしまくりました(笑)。 本も山積みになっていました。同じ本を買ってしまったりということも、幾度も(!)ありました(苦笑)。 でも、でも・・・・・ダメでした。 腑に落ちなかったんです。 本を読んでみて納得できたことも、もちろんありました。 […]


続きを読む »

誰にも話せない、話さない…

2013年02月14日

                              ACの人の特徴として、「無駄に我慢強い」というのがありますね。 何年も何十年も、誰にも話せずに我慢して自分の中にしまい込む。 思い当たることはないでしょうか? 幼いころから自分を理解してもらえなかった。 ありのままの感情を出すことを許されなかった。 そんな環境にいれば誰だって口をつぐむようになります。 小さい子どもというのは、その環境が全てです。 自分から外の世界に出て行くことができません。 ですから外の世界を知りません。 自分を取り巻く環境=世界が、理不尽なまでに窮屈なことに疑問を抱くことも許されない。 まるで地獄のようです。 この […]


続きを読む »

ACで苦しんでいる方へ

2013年02月6日

                      みなさんこんにちは。 これからこの公式ブログでも、少しずつACについても触れていこうと思います。 長い間、出口の見えないようなトンネルの中に閉じ込められたような感覚・・・。 または、どんなにもがいても決して浮上することのできない海の底・・・。 あなたはどのような苦しみを背負ってきましたか? それは誰かに理解されることがあったでしょうか? それとも誰にも理解されずに一人で抱えたまま、今日まで生き延びてきたのでしょうか? いったいどのくらいの時間を、その苦しみの中で過ごしてきたのでしょうか? ACは、はっきりと外から判別できるものではありません。 普通に […]


続きを読む »

棘のある会話(3)~裏の意味

2013年02月5日

                      (前回の続きです) 言葉の棘が刺さらないようにする。 自分の心に・・・。 とても大事なことですね。 棘はとても細くて小さいものです。 でも、刺さるとかなり傷みます。 そのまま抜かずに放っておくと化膿してしまいます。 言葉の棘も同じです。 ささいな言葉のように思えても、放っておくことは危険です。 「チクリ」と感じたらまずすべきこと。 それは「言葉の意味」に飲み込まれない、ということです。 言葉そのものの「意味」から離れてみてください。 どういう事かというと、たとえば・・・。 「あなたのことなんか嫌い」と言われたとしましょう。 実は、この言葉にはいろいろ […]


続きを読む »