4月, 2013 | エフ カウンセリングオフィス

2013 ,4月

依存と自立~自立している人の特徴と依存の苦しみ

2013年04月28日

前回は『依存とは・・・?』というテーマでした。 そして「依存」がどういう事であるかを考えるために私は2つの質問をしました。 ●あなたは「自立」という言葉から何を連想しますか?ちょっとだけ考えて見てください。 ●「自立している人」というのを思い浮かべてみてほしいんです。想像するだけでもいいですし、実際の人物でもいいです。   いかがでしたか?考えてみていただけたでしょうか。 もしメモにとってみた人がいらっしゃれば、お手元で見比べながらこれより先をお読みくださいね。 自立している人・・・・・ その人がどんな人かな?と想像してみましょう。 1、自信にあふれて堂々としている感じ 2、笑顔が素敵 3、イ […]


続きを読む »

依存とは・・・?

2013年04月24日

さて、前回まで「心配」ということについて取り上げてきました。 根っこには「依存」というものが隠れているというようなお話をしました。 では依存とはいったいどういう事なのでしょうか? 「依存する」という言葉を目にしたり聞いたりすると、頭に浮かんでくるでしょうか? 「誰かに頼る」とか「甘える」とか・・・ そんなことが思い浮かぶかもしれませんね。 確かにそれも「依存」と言えるかもしれません。 依存という言葉にはいろいろなニュアンスが含まれていますからね。 意味が独り歩きしている言葉の代表格ですね、「依存」って。 人によってとらえ方が180度違ってくる場合があるんです。 そこで、視点を変えてみようと思い […]


続きを読む »

アダルトチルドレンのかなしみ

2013年04月22日

                                        アダルトチルドレンというのは、外から見てもわからないことが多いですね。 たとえば・・・ 「うつ」の人ならば、誰にでもわかりやすいです。 元気がなくなって動けなくなる。 仕事に行けなくなる。 しまいには寝込んでしまう。 などなど・・・。 「私は今、うつで心を病んでいるんです」と言えばわかってもらえます、その辛さが。 それに比べてACはどうでしょう? 「私は今、アダルトチルドレンで苦しんでいるんです」と口にしたところで、誰が理解してくれるというのでしょう? ACでしんどいから会社を休みます、なんて言えないですよね。 ア […]


続きを読む »

「心配」の裏に隠されたモノ

2013年04月17日

ある種の母たちにとって子供の「失敗」は(子供の)成長の証(あかし)ではなく 「心配」の種でしかない、以前の記事でこんなことを書きました。 娘を心配する母というのは本当にいろいろなことを、これでもか!というくらい「心配」します。 娘がなにかを「失敗」すると、それを黙って見ていることができません。 見守るということができないのです。 見守るということは、ある意味とても勇気がいることです。 次もまた失敗するかもしれない、でも、手も口も出さずに本人に任せよう・・・。 こういった考えが、心配する母たちにはとても恐ろしいモノのように映るんですね。 彼女たちはあたかも<娘の失敗は自分の失敗>とでも思っている […]


続きを読む »

母の心配~そのわけは?(2)

2013年04月16日

ここで想像してみてほしいのです。赤ちゃんであったあなた自身のことを・・・。 お母さんの言う事やる事すべてを一生懸命に理解しようとしたはずですよね? 正しいか正しくないか、そんなことは赤ちゃんであったあなたにはわかるはずもありませんでした。 お母さんが「正しい」と言ったらそれは正しいことだったのです。 こうして疑うことを知らずに、あなたはどんどん大きくなっていきます。 やがてハイハイをして、つま先立ちをして、歩けるようになります。 言葉を理解してしゃべれるようにもなりましたよね。 でも「お母さんという世界」の中ににとどまっていることに変わりはありませんでした、幼いころのあなたは・・・。 ところが […]


続きを読む »

母の心配~そのわけは?(1)

2013年04月16日

以前の記事で<娘を心配する母親>について、世間一般の常識を疑ってみましょうということを書きました。 一般常識とは例えば次のような事でしたよね。 ・母親が娘を心配するのは良いことである。 (≒悪いことではない) ・母親が娘を心配するのは当たり前のことである。 ・母親が娘を心配するのは優しさからである。 ・母親に心配をかける娘は悪い。 もう一度、この常識を考え直してみてほしいのです。 特にあなたが「アダルトチルドレン」を自覚しているのであればなおさら、です。 母親のお腹から生まれ落ちた赤ちゃんは、お母さんの世話と手助けなしには生きていけません。 赤ちゃんが生きるか死ぬかは、全て母親の手に握られてい […]


続きを読む »

母が私を心配する

2013年04月9日

すっかり春らしい日が続いています。 ここ東京では、ずいぶんと新緑が増えてきました。 さて、今日からいよいよACメール講座の本題に入っていきたいと思います。 何から取り上げようかな、と考えていたのですが・・・。 まずはこのテーマからいきたいと思います。 とてもよくあることなのですが、「母親が娘を異常なまでに心配する」ということについてです。 心配する対象は、もちろん娘に対してだけではありません。 息子のことを「必要以上に心配する」母親は多いです。 ですが、与える影響が息子と娘では微妙に違ってくるんですね。 ひとくくりにできない部分があるのです。 ここでは娘に対する影響を取り上げていきますね。 た […]


続きを読む »

仲間外れ感、疎外感について(5)~到達点

2013年04月3日

                                        (前回の続きです) 自分の本心に蓋をして、仮面をつけて集団の中に再び入り込む。 そうすることで見えてきた、そこにいる人々の苦痛の表情・・・。 もしかしたら仮面をつけていたのは自分だけではないのかもしれない。 そんなことに気が付くのです。 あれほど「同化」したいと望んでいたはずの「集団」がとても息苦しいものに感じられてきます。 自分がこれほどまでに仲間になりたいと思っていたはずの「彼ら」。 確かにまたこうして「仲間」になることができました。 でもそれは、安心して信頼できる「仲間」ではありません。 なにか<わけ>があっ […]


続きを読む »