執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの | エフ カウンセリングオフィス

執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの



★執着を手放すって・・・?(2)手放す努力の続きです               

諦めようと努力したにもかかわらず、それでも苦しいままだった。
努力は報われなかった・・・執着を手放すという努力が。
だとすると、「執着を手放すと苦しみから解放される」ことに疑問が湧いてくるわけです。
では、もう一度、注意深く振り返ってみます。
引き続き、失恋の例で検証してみましょう。
諦めるという努力の中身は<自分を振った相手を、諦める=相手に対する執着を手放す>でしたよね。
さて、この場合の努力は、「あるもの」に抵抗していることに気が付きませんか?
ちょっと考えてみてほしいのです。
自分の経験をふり返ってみてください。
諦めようとしているにも関わらず、あなたな「かすかな望み」を抱いてはいませんでしたか?
例えばこのように・・・。
「もしかしたら気が変わって、振り向いてくれるかもしれない・・・。」
「今は無理かもしれないけれど、いつか気持ちが通じるかもしれない・・・。」
「彼女と別れたら、私のことを気にかけてくれるかもしれない・・・。」
このような「希望」があったのではないでしょうか?
つまり、あなたは「希望」に抵抗しようとていたのではないでしょうか?
湧き上がってくるかすかな希望に対して、抵抗しなければ諦めることなんてできなかった。
だから、すんなり簡単に諦めることができなかった、諦めようとするのが苦しかった。
そうではありませんか?
「希望」があるのにその「希望」を捨てるというのは、なかなかできることではありませんよね。
なぜ、みすみす希望を捨てねばならないのか?
その問いに納得のいく答えの出せる人なんているでしょうか?
少なくとも、私の頭ではその答えは思いつきません。
人間、希望があるから生きていけるのです。
そうではないでしょうか?
だとしたら、その希望を捨てるなど、簡単にできるはずがありませんよね?
なぜ欲しいものに対して「執着」するのか?
その答えがここにありましたね。
そうです、「希望」があるから「執着」するのです。
希望がある限り・・・たとえその希望がほんのちっぽけなものであっても・・・人は執着を手放すことができないのです。
それは希望捨てることだからです。
仮に執着を手放したとしたたら、希望を捨てたことになります。
そうすると、捨ててしまった希望はどうなるのでしょうか?
捨てられてしまった希望はそのまま闇に葬られるのでしょうか?
そんなはずはありません。
捨ててしまった希望を、きれいさっぱり忘れ去ることなどできるのでしょうか?
そんなことは無理でしょう。  

★執着を手放すって・・・?(4)希望・に続きます      


【参考記事】
執着を手放せない~(1)その大切な意味
執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる
執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間
執着を手放すって・・・?(1)諦められない!
執着を手放すって・・・?(2)手放す努力
執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの ※この記事です
執着を手放すって・・・?(4)希望
執着を手放すって・・・?(5)自由時間
執着を手放すって・・・?(6)残る想い
執着を手放すって・・・?(7)想いの再結晶
執着との訣別
執着の行きつく先は・・・(1)苦しみの正体
執着の行きつく先は・・・(2)私に欠けているモノ    

執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース 
執着の行きつく先は・・・(4)悪夢から目覚める


Posted on: 5月 8th, 2013 by エフ カウンセリングオフィス No Comments