元ACからみたビフォー&アフター | エフ カウンセリングオフィス

元ACからみたビフォー&アフター

             

「ACを克服したその後って、どうなるのですか?」と、よく尋ねられます。  

●親に対する気持ちはどう変化したのか?
親に対する怒りとか恨みとかは本当に消えたのか?
本当は、誤魔化しているだけなのでは?
そんな反論もあるかもしれませんね。
しかし、誤魔化しではありません。
私がACであったころの「怒り」というものは、
「私という存在をそのまま認めてもらっていない」 ことへの怒りであったわけです。
親から「自分の存在」を認めてもらいたかったにもかかわらず、
その望みが叶えられない解くことへの怒りであるわけです。
ですから、正確には「親への怒り」とはちょっと違う・・・。
今ならそう思えます。  

●自分の存在を認めてもらうのは親じゃなくてもよかった
今になって分かったのですが、自分の存在を認めてもらうのは親じゃなくてもよかった、
私の存在を認めてもらうのは他人でなくとも良かったのです。
自分で自分を認めてあげさえすれば・・・。
そのことに気が付いて、目の前の暗闇が一瞬にして まぶしい空間になったような感覚を味わいました。
複雑に絡まっていた全ての糸が、するするとほどけていくような感じでもありました。
自己肯定感が高いとか低いとか、自信があるとかないとか、
そんな言葉すらどうでもよくなってしまうくらいの「解放感」。
それは自分の存在を良いか悪いかで見るクセが付いていた かつての私とは無縁の感覚でした。  

●冷静になれた。
人から自分がどうみられているか、ということが「冷静に」認識できるようになります。
他人からの評価によって、自分の存在が左右されり、 翻弄されることは決してないのだ、
そう思えるからです。
もちろん、人の意見に耳を貸さないとか、反省をしないとか、そういう事ではありません。
また、今だって悩みはするし、苦しい時もあるし、落ち込んだりへこむことだってあるんです。
でも、かつてのように「だから自分はダメなんだ」とはならないんですね。
上手くいかない時に原因を追究してみることもありますが、 「人のせい」にすることはなくなりました。
問題の解決策が「他人」の中には決してないことがわかってしまったからです。
そういうわけで、親への怒りとか恨みとかも、無いんです。  
これは全く想像もつかなかった感覚で、今までの自分がいた場所とは
まったくの別世界と言ってもいいくらいです。
これはかつては想像もつかなかった感覚で、今までの自分がいた場所とは
まったくの別世界と言ってもいいくらいです。  
「自分の存在を認めてもらえていない不安感」に対する怒りがあって、
それを向ける対象として「親」しか思いつかなかった・・・・
そういうことだったのだと思います。    


Posted on: 5月 10th, 2013 by エフ カウンセリングオフィス No Comments