執着を手放すって・・・?(5)自由時間 | エフ カウンセリングオフィス

執着を手放すって・・・?(5)自由時間



★執着を手放すって・・・?(4)希望・の続きです

希望が見えなくなった途端、執着というものは自然消滅してしまうのではないだろうか?
そして、「望みが絶たれた」時、人は新たな方向性を指向するのではないだろうか?
そんなことを前回の記事では書きました。
ここで新たな疑問が湧いてきます。
それはこんな疑問です。
<執着というものが自然に消えてなくなったとして、本当に、
次のモノ・別のモノに気持ちが向くの?> ・・・・・
終電の例で言えば「次のモノ・別のモノ」とは、「乗り損ねた電車以外の交通手段」ということになります。
ちょっふり返ってみればわかります、終電が行ってしまって途方に暮れた経験がおありなら・・・。
別の交通手段を使って家に帰ったはずです。
家に帰らず外泊したとか、野宿した(!)、という人もいるかもしれませせん。
これは交通手段とは言えないかもしれませんが、「別の選択肢」として考えてもいいですよね。
確かに「次のモノ・別のモノ」に気持ちが向いたわけです。
終電が去ってしまった後のホームに、何時間も何日も何年も(笑)立ちすくんでいる人はいないでしょうしね。
ところが、さらに注意深くチェックしてみると、とても興味深いことがわかります。
それは、「人によって次の・別の方向へ意識が向くまでの時間が違う」ということです。
執着が消えてから、次の行動を起こすまでの期間は人によってバラバラで、
そこにこそ個性が出るわけですね。
私の場合、終電を取り逃がすと、しばらく立ちすくみます。
人によっては、瞬時にタクシーをつかまえに走り出す、などという人もいるかと思いますが、
私は違います。
少なくとも2~3分はその場に突っ立っていると思います。
頭が真っ白になって、その状態がしばらく続くんですね。
気を取り直すために、缶コーヒーが飲みたくなるかもしれません。
そのために、まずは自動販売機を探すでしょう。
缶コーヒーを買ったら、あたりを見渡してベンチを探し、よっこらしょ~と腰を落ち着けて・・・。
そんなことをしているうちに、ようやく元気が戻ってくる・・・。
もう、行ってしまった電車のことは「考える必要がなくなった」のですから、
不思議とのんびりした気分かもしれません。
夜一人で、駅のホームで飲む缶コーヒーも、なかなかオツなものだな~と思いを巡らせます。
そうこうしているうちに「あ、そうだ。家に帰るところだったんだ、私・・・(笑)」と、やっと我に返ります。
よいしょ、と腰をあげて駅のホームを後にし、やはりタクシー乗り場を探しに行きます。
まあ、こんな具合に、その人の個性によって、執着が消えた後の行動も
いろいろな様子になるわけですね。
これが大切なことだと思うのです。                         
人それぞれに、次の「選択」に向かうために、時間が必要、ということです。
その時間がとても重要なのではないでしょうか。
執着するという窮屈な状態から解放された自由な時間、と言ってもいいかもしれません。
自由時間・・・ですね!
自由時間は楽しいものです。
はるか昔、私が小学生だった時のことです。
たまに担任の先生が、風邪でお休みすることがありました。
すると代わりの先生が入れ代わり立ち代わり、私のクラスに来て代行授業をするわけです。
ところが、代行授業の出来る先生の数が足りなくなることもあります。
そんな時は教頭先生がやってきて、「この時間は授業なし、自由時間にします!」となるんです。
クラス中から大歓声が沸き上がります。
子どもにとっては窮屈このうえない「授業」がなくなって、その代わりに突如として現れた「自由時間」。
こんなに嬉しく楽しいものはありません。
自由な時間というものは、人に活気を与えてくれます。
執着から解放された瞬間、というのも、それと似ているような気がします。
ところが、こんな感想をお持ちの方もいるかもしれません。
「終電の例だったらそう言えるかもしれない。
でも、失恋とか人生の重い問題と一緒にするのはどうなの?」

  ★執着を手放すって・・・?(6)残る想い・に続きます


【参考記事】
執着を手放せない~(1)その大切な意味
執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる
執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間
執着を手放すって・・・?(1)諦められない!
執着を手放すって・・・?(2)手放す努力
執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの
執着を手放すって・・・?(4)希望
執着を手放すって・・・?(5)自由時間 ※この記事です
執着を手放すって・・・?(6)残る想い
執着を手放すって・・・?(7)想いの再結晶
執着との訣別
執着の行きつく先は・・・(1)苦しみの正体
執着の行きつく先は・・・(2)私に欠けているモノ    

執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース 
執着の行きつく先は・・・(4)悪夢から目覚める 


Posted on: 5月 14th, 2013 by エフ カウンセリングオフィス No Comments