執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる | エフ カウンセリングオフィス

執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる

               

執着を手放せない~(1)その大切な意味 の続きです  

執着の苦しみがズキズキと痛む・・・。
自分の中の「何か」が手当てをして欲しいと訴えている・・・。  
おそらく、この「何か」を放置したままでは痛みは消えないでしょう。
執着が手放せないというのは、こういうことなのだと思います。
目をそらさずに、しっかり自分のこの目で凝視するべきものがある、ということです。  
そもそも、「これ」に執着したのはなぜか?
この問いを考えてみる必要があるのではないでしょうか?
「人」で考えてみます。
どうしても「この人」でなければいけないわけです。  
そのわけは?
●ルックスですか?
●性格ですか?
●能力ですか?
●経済力?
●それとも社会的地位とか?
つきつめて考えてみてください。  
ルックスも、性格も、能力も、能力も、地位も経済力も、その他モロモロすべて~
似たような人は数えきれないくらい、たくさんいます。
そんな中で、あなたが「執着」している「その人らしさ」を描写してみるのです。
たとえば文章にしてみるとします、正確に!
他の誰でもない、その人しか持っていない「その人らしさ=独自性」を。
どこにでも転がっているようなお手軽な「らしさ」ではいけませんね。
だって「苦しくても執着するのを止められない」くらいスゴイものなわけですから・・・。
ノートにでも書き出してみるとします。
ありきたりのものではいけません。
言葉を尽くして、表現してみます。
もしかしたら1ページに収まりきらずに2ページ、3ページと書けてしまうかもしれません。
十分にその人らしさを説明できるまで続けてみます。
そうしていくうちに意外なことに気がつくはずです。
それは・・・正確に表現しようとすればするほど、なんだか遠ざかってしまうような感覚。
「その人らしさ」の中でも、自分が一番気に入っているところが、ちっとも表現できていない。
そんなことに気がつくはずです。
自分にとって一番大切なものほど「言葉で表現するのが難しい」のです。
なぜかというと「言葉」には限界があるからです。

★執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間 に続きます


 【参考記事】
執着を手放せない~(1)その大切な意味
執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる ※この記事です
執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間
執着を手放すって・・・?(1)諦められない!
執着を手放すって・・・?(2)手放す努力
執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの
執着を手放すって・・・?(4)希望
執着を手放すって・・・?(5)自由時間
執着を手放すって・・・?(6)残る想い
執着を手放すって・・・?(7)想いの再結晶
執着との訣別
執着の行きつく先は・・・(1)苦しみの正体
執着の行きつく先は・・・(2)私に欠けているモノ    

執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース 
執着の行きつく先は・・・(4)悪夢から目覚める



Posted on: 10月 13th, 2013 by エフ カウンセリングオフィス No Comments