執着の行きつく先は…(4)悪夢から目覚める | エフ カウンセリングオフィス

執着の行きつく先は…(4)悪夢から目覚める

執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース の続きです

私が犯していた決定的な過ち・・・。
それは、自分の気持ちに変化が起こるという可能性に全く思い至らなかったということです。

「変化が起こるなんてありえない」

疑問も抱かずにそう思い込めるほどに「執着する意志」が強く横たわっていたということです。
執着を向けていた対象は自分にとって最高に大切なモノであり、これなくしては自分の人生は成り立たない。
そのくらい強く思うことができていたわけです。

その思いが自分のすべてを「支配」していたのです。
何か特別なものにコントロールされていたといっても過言ではないでしょう。

自分本来のセンサーが働かなくないた状態です。
目を閉じたまま、耳もふさぎ、動くこともせずにただじ~っと息をひそめている…。
これはとても不自然なことなのですが、悩みが深いとこの状態が普通になってしまいます。

自分が永遠に苦しみから抜け出せないような感覚に陥ってしまう・・・。
振り向いてほしい人はちっとも自分の方を向いてくれない。
欲しくて欲しくてたまらないのに手に入れることができない。

●なぜ私だけがこんな目に?
●私は世界一不幸な人間だ・・・。

朝から晩までこんな考えが頭の中を駆け巡るようになっていきます。
繰り返し繰り返し、毎日毎日・・・。

そうして執着することに慣れていってしまうのです、とても辛いはずなのに。

執着の苦悩を経験したことのある人ならお分かりでしょう、まるで悪夢を見ているかのようです。
何度も何度も同じ夢にうなされる・・・。
うなされるたびに苦しさどんどん増してゆく。
そしてこれが一年中、いや何年も続いてゆくのです。

こうして自分だけは世界からまるで切り離されたかのように「執着」という固定された地点にとどまってしまうのです。

これが悪夢の正体・・・「人生の停滞」ともいえるべきものです。
人間は生きている限り「時間の流れ」に身をゆだねています。

自分も年を取るし、相手も年を取っていく。
生身の人間でいる限り、気持ちだって変化していくのです。

そうして自分たちをとりまく状況変も刻々と変わっていく。
何かに誰かに執着するということは、言ってみればその変化の流れに逆らうことでもあるのではないでしょうか。

目を閉じて、世界が変わっていくのを見ないようにする・・・。
それが悪い、と言いたいわけではありません。
悪夢を見たっていいのだと思います。

私が言いたいのは、その悪夢を見るのを止めるのはいつでもできる、自由だよ、ということです。
もうこんな苦しさは懲り懲りだ!

そう思ったのならば、目を開けばいいのです。

ぬくぬくとした布団の中でいつまでも夢を見ていたいと思うのもいいでしょう。
うつらうつらしながら目をギュッと閉じ続けていれば、夢は続いていってくれます。

でもそうしている限り、「本当の人生」を手に入れることはできないのではないでしょうか。

人生に変化はつきものです。
その変化に背を向けるか、変化に自分を乗せて自分の人生を彩り、形づくっていくか。
その選択は自分の手にゆだねられています。

そして目を開いたその瞬間、あなたは執着という名の悪夢から目覚めることができるのです。
変化を味方につけようと思ったら、いやでも目を見開いてその変化をキャッチしようとします。

そして底力が発揮できる可能性につながるのです。
それが人間の素晴らしいところではないでしょうか。
 
今まで書いてきたことはあくまでも私の経験が元になっています。
ですからこれが正しいとか、すべての人に当てはまるとか、そういうことを言いたいわけではありません。

でも一つだけお伝えしたいのは、「もういやだ!」と限界を感じているのなら、勇気をもって「悪夢から目覚めてほしい」ということです。

なぜならば必ず「ああ良かった!」と思えるはず…私そう確信しています。

==このテーマは今回で終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。==


【参考記事】
執着を手放せない~(1)その大切な意味
執着を手放せない~(2)執着の中身をのぞいてみる
執着を手放せない~(3)執着が消える瞬間
執着を手放すって・・・?(1)諦められない!
執着を手放すって・・・?(2)手放す努力
執着を手放すって・・・?(3)捨てられないもの
執着を手放すって・・・?(4)希望
執着を手放すって・・・?(5)自由時間
執着を手放すって・・・?(6)残る想い
執着を手放すって・・・?(7)想いの再結晶
執着との訣別
執着の行きつく先は・・・(1)苦しみの正体
執着の行きつく先は・・・(2)私に欠けているモノ    
執着の行きつく先は・・・(3)パズルのピース 
執着の行きつく先は・・・(4)悪夢から目覚める ※この記事です


Posted on: 5月 30th, 2014 by エフ カウンセリングオフィス No Comments