なぜ自分だけがこんな目に?という思い | エフ カウンセリングオフィス

なぜ自分だけがこんな目に?という思い

20161027

一生懸命にやっているのだけれど、
なぜか努力が空回りしてしまう、
そのようなことはないでしょうか。

自分としては精いっぱい力を出しているのに
なかなか認めてもらえない。

これは仕事の場でよく起こりがちですが、
もちろんプライベートな人間関係においてもしかり、です。

やり方がまずいのかな?と自分を振り返り、
別の方法を、ああでもないこうでももないと
いろいろと考えて試みる・・・。
でもうまくいかない。

ここでいう「うまくいかない」とは
「評価されない」ということとも言えるでしょう。

さらに言い方を変えると「わかってもらえない」です。
自分のやり方や考え方をわかってもらえない。

すなわち、自分を理解してもらえないということです

 そして、一生懸命やればやるほど、
「理解してもらえない」という思いが宙に浮いてしまいます。
なんだか虚しくなってきます。

努力しても努力しても理解してもらえない・・。
さすがに、いい加減疲れてきます。
そして自分の内側から力が抜けていくのがわかります。

そんな時にふと気が付くのです、
周囲を見渡すと信じられないことが起きているのを。

自分よりも手を抜いているあの人のほうが
なぜか評価されているという信じられない現実を!

なぜ?なぜ?
頭が真っ白になってしまいますよね。

しかも一人や二人ではない、
みなが私よりも優遇されている!?
そのような場合もあるかも知れません。

ここまでくるといよいよ怒りがわいてきます。

ところがこの怒り、ぶつけるところがないのですね。
なぜなら自分は理解されていないのですから、
この怒りを出したところで受け止めてはもらえないからです。

こういった苦しい状況に置かれると
なぜ自分だけがこんな目にあうのだろう?という
思いが自然にわいてきます。

そしてその原因を考え始めます。
なぜだろう、なぜだろう?と・・・。
でも、思い浮かばない。
これを「理不尽」というわけです。

理不尽さは人を困惑させます。
そして人は困惑したままでいることは難しい。
正体不明の困惑さをずっと持ち続けられるようには
なかなかすんなりとは適応できないものなのです。

そこである結論を自分でつくりだすのです。

すべて私が悪いからなのだ

この新に作り出されたとても不自然な結論・・・
これは百害あって一利なし、です。
自然界には存在しないもの、といってもいいでしょう。
そうなのです、「自分という自然界」には存在しえない
異物なのです。

異物はすなわち自分にとっての毒です。
毒の中でも最強レベルの「猛毒」です。

「私が悪いから」
これほどの猛毒はほかには存在しないといっていいくらいです。
自分を蝕んでいくのです、どこまでもどこまでも。
だから死ぬほど苦しいのです。

このままでは息が詰まります。
だから今すぐ除去する必要があるのです。
その方法はシンプルです。
簡単だけれど強力です。


最初に、自分にこう言ってあげてください。
「私は悪くない!」


そして次に最も大事なこと、こう言ってださい。

「私はベストをつくしている、オッケーだ!」

 
まずはここからです。


自分の外側には不可解でおかしなことがたくさんあります。
まったく理解しがたい、それこそ理不尽な出来事も起こります。
すぐには解決できない複雑な事柄もあります。
自分一人の力では太刀打ちできない壁もたくさん存在します。

だからと言って「あなたが悪い」わけではないのです。
だから「自分を責める必要などない」のです。

あなたが今やるべきことは自分を悪いと責めることではなく
自分の道を粛々と進むということなのではないでしょうか。

誰からも評価されずとも、
認めてもらえなくても、
理解してもらえなくても、
理不尽なことだらけでも、
泣きたくなるような毎日でも、
それでも・・・

自分の歩みを止めない、
自分の足で進んでいく。

その先にきっと仲間がいます。
あなたと同じようなつらい思いを超えてきた
そんな「わかりあえる仲間」と出会えるはずです。

どうか、その日を楽しみにしていてください。

 


Tags: , , , ,
Posted on: 10月 27th, 2016 by エフ カウンセリングオフィス