不思議な時間感覚 | エフ カウンセリングオフィス

不思議な時間感覚

a0960_002388                   

楽しいことをやっているはずなのに、なぜか楽しめない。
こんな経験をしたことが何度もあります。
たとえば旅行に行ったときなどが顕著でした。
事前に計画をたてて楽しみに待っていた温泉旅行。
実際に出発するまでは何の問題もないのですが、いざ当日になると急に不安になってくるわけです。

予定通り事が進むだろうか?
電車に乗り遅れないだろうか、宿にちゃんとつけるだろうか・・・。
次から次へと不安が押し寄せてくるばかりです。
食事は?観光は?お土産は?写真撮らなくっちゃ!
あとは、え~と何やるんだっけ?

旅行の間中、やらなくてはいけないリストが私の頭の中を占領するのです。
何時何分までにこれをやる、次はこれ、それが終わったら何時までにこれ!
とまあ、こんな風にです。

常に時間を気にして時計とにらめっこしながらという有様でした。
時間がスピードを出して流れているのを感じるんですね、そういう時って。
なにかこう、時限爆弾を抱えているような緊張感と言ったらいいでしょうか。
時間がコマ送りのようになってカタカタと音を立てながら、目の前を通り過ぎていくんです。
いえ、通り過ぎていくというよりは私がその流れに乗り込んで、
もう二度と降りることのできない状態になる、というほうが正確かもしれません。

ジェットコースターに乗ると、最初にゴトンゴトンと音を立てながら
一番高いところまで登っていくじゃないですか。
あの感じに近いです。
もう、本当に落ち着かなくて、楽しむどころではないのです。
そんなこんなで旅行の日程をすべて終えて、帰りの列車に乗り込んで
やっと一息つけるのでした。
自分の指定席を見つけて、その座席にドカッと腰を下ろした時の何とも言えない安堵感。
この時が旅行の中で一番楽しくホッとする瞬間だったのです。

自分の意識が「結果」に集中していたのでしょう。
私がイメージしていたその「予定した結果」は最初から自分の中でがっちりと固定されたものでした。
ちょっとでもその「予定した結果」から外れるようなことがあってはならない、
そんなルールを自分の中に作っていたのかもしれません。    


Posted on: 1月 9th, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments