春の嵐 | エフ カウンセリングオフィス

春の嵐

a1380_001146

もう4月も目前だというのに、肌寒い日が続いていますね。
風も冷たいです。
日によっては強風が吹き荒れて、ぶるぶる震えながら肩をすぼめて歩いています。
私は寒いのがあまり好きではないのですが、それ以上に強風が大の苦手です。
花粉症というのもあるのですが、なにかこう、自分のペースをかき乱される感じがして 嫌なんですよね。
自転車のペダルが重たくなるは、帽子は飛ばされるは、ベランダにゴミが舞い込んでくるはで
鬱陶しい感じがして、風が強い日はテンションが下がります。
人間関係でも似たような思いがするんですよね。
穏やかな空気が流れているところに、いきなり感情の高ぶりを遠慮もなくぶち込んでくる人・・・
そんな人が私はとっても苦手でした。
その人の「激昂する感情」に触れるだけで、私は心の芯から震え上がってしまって
蛇ににらまれたカエルのようになってしまうのでした。
なぜ突然キレるのかわからない、そもそも何にキレているのか、 何が原因でキレているのかわからない。
感情を突然に高ぶらせる人は、私の理解を超えた存在でした。
そしてその感情は私に向けられた怒りだと感じてしまうのでした。
その怒りを避けて自分の身を守ることもできず、ましてやその怒りを鎮めることなど、
私には到底できるはずもありませんでした。
ただただその怒りの嵐が私の上を通り過ぎるのを身を固くしてじっと耐えているしかない、
何とも非力な自分でした。
嵐の通り道から少し離れた場所に避難する、そういう考えが全く思いつきませんでした。
でも、それももう過去のことです。
傷だらけになりながら経験を積み、その経験の中から私は嵐が近づくのが わかるようになりました。
慣れてくると、まるで天気予想図を見るように、いろいろな嵐がどの方向にどの位の強さで
突風を吹き荒らすのか、そんなことがわかるようになってきます。
どんな時に、どんな事で、誰がどんな「風」を吹かせるのか。
じっくりと、冷静に、自分の気持ちはとりあえず一時的に脇に置いて、
その「風」を見てみることを積み重ねていく。
そんな経験の中から、自分だけの天気予想図が描けるようになってくるのかもしれませんね。


Posted on: 3月 26th, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments