現代社会をサバイバルする | エフ カウンセリングオフィス

現代社会をサバイバルする

PP_tokai500

ゴールデンウィークのさなかだというのに、なにか水を差すかのようなカチカチに固苦しいタイトルです。

しかも大袈裟な。
どうも世間さまが楽しんでいらっしゃると思うと、逆のことをやりたくなってしまうんですよね、 天邪鬼なもので…。
ということで、今日もいつものように生まじめに、そして遠慮なく語ってみたいと思います。
まず「現代社会」についてですが、これって語尾に(笑)をつけたくなってしまうのは私だけでしょうか?
現代、現代ってあちらこちらで見かけるキーワードですが、別に昔の人と比べて現代人が格段に 優秀になったとか、
進化したとは思わないんですよね、私の見解としては。
むしろ、動物特有の<嗅覚>というか<感覚>が著しく劣化しているのではないかと感じるんですよね。
(これ、いろいろな人が言っているような気がします)
その証拠に、ぼう大な量の情報に飲み込まれてアタフタしちゃってるじゃないですか!
あ、これ私の事です
何をどうしたらいいのか?
何を選んだらいいのか?
どれが正しくてどれが間違ってる?
こんなことばっかり考えているような気がします。
来る日も来る日も。
私だけでしょうか?
そんなことはないような気もします。
多くの人が迷っている、何かの答えを探して…。
ここでふと気が付くわけですが、答えって、必ず出さなきゃいけないものなのでしょうか?
もしかしたら「答え」という概念そのものが苦しみのをひき起こしている可能性はないだろうか?
そんなことを考えてしまうのです。
どんなに考えに考えても、それで出た答えが唯一の正解だと、どうやって検証するのでしょうか。
私たちは正解を出すことに躍起になってはいやしないでしょうか?
朝から晩まで365日、問題を解くこと<イコール>生きることになってしまってはいないでしょうか。

正解が出せた。
丸をいっぱいもらえた。
百点を取れたテストがいっぱい!

でもそれが「自信」につながったでしょうか?
自分はこれでいいんだ、自分は自分でしかないんだという「自信」に…。

問題をどうやって解きましたか?
参考書を見ましたか?
誰かに教えてもらいましたか?
カンニングしたのではないですか?
そもそもこの問題を解くことは、自分にとってどんな意味が、
どんな「価値」があったのでしょうか?
価値のないものに労力を注ぎ込んでいるのではないですか?
それ以前に、自分にとって価値のあるものが何かを分かっているのでしょうか?

私は今、こんなことを自問自答しています。


Posted on: 5月 2nd, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments