「頑張らなきゃ!」症候群 | エフ カウンセリングオフィス

「頑張らなきゃ!」症候群

TSJ85_kawamuraouen20150208103603500

なんだか物事が上手くいかない、動きたいのに動けない。
こんな時ってありますよね?
1日2日ならまだしも、何日も、何週間も、続くと辛いですね。
人によっては(私のように)何年も続く場合もあるでしょう。
なぜ上手くいかない?
なぜ動けない?
自問自答しますよね。
そして原因を探って、例えば、人のせい、周りのせい、社会のせいにしてみます。
でも、そうしたところで状況は悪くなるばかり・・・。
じゃあ、やっぱり自分が悪いのだろうか?
今度は自分を責めることを試み始めます。
努力が足りないからだ、気合が足りないからだ。
なんてダメなんだろう。
そして、もっと頑張ろう!と決意も新たに、「頑張る」ことを努力目標にします。
でも、でも・・・動けないんですよね。
思うとおりに人生が進んでいかないんですよね。
「頑張らなきゃ!」という努力目標を自分に課したところで、状況はこれっぽっちも変わりません。
少なくとも私自身の場合はそう、でした。
「頑張らなければいけない」 この標語は一見、もっともらしく思えます。
世間一般の常識として「頑張ることは素晴らしい」のですから。
でもそこには「自分が動けなくなっているワケ」という個人的な事情が考慮されていません。
動けなくなっているのにはワケがあるのです。
人間といえども「動物」ですから、生命を維持するための本能が備わっているはずです。
頭で考えても理解できないことが、自分の体の中のどこかで起きている。
その結果として「動きたいのに動けない」という状態になっている可能性もあるのだと思います。
動けないのには何か意味がある。
言い換えると「動けないことで何か必要なものを得ている可能性がある」ということです。
そう考えると、「努力が足りない」とか「頑張らなきゃ」などと、
自分を責める必要など これっぽっちもないということがわかります。
そして「頑張らなきゃ」と思うことの悪影響は、頑張ろうとしても頑張れなかったときに現れてきます。
それは「あせりと後悔」です。
あせりと後悔、それがどれだけ自分を追い詰めて、ひいては人生の障害となる事か…。
ドイツの文豪ゲーテがこんなことを言っています。  

あせることは何の役にも立たない。
後悔はなおさら役に立たない。
前者はあやまちを増し、 後者は新しい後悔を作る。      
☆ 引用元:「ゲーテ格言集」 (新潮文庫/高橋健二 編訳)

動けないことで得られているモノ~それを探ることは難しいかもしれません。
でも、動けない自分を責めずに「頑張らなきゃ」という努力目標を手放すことは簡単です。
自分は悪くない、そう気が付くだけでよいのです。
自分という存在をそのまま認めてあげることで、初めて見えてくるモノがきっとあるはずです。
私はそう感じています。


Posted on: 5月 15th, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments