答え探し | エフ カウンセリングオフィス

答え探し

PAK86_hanrasenkaidanjinsei500

ああでもない、こうでもないと考えをめぐらす。
どうすればいいのだろう、何かいい方法はないものかと答えを探し求める。
こんな時、便利なものがいろいろとありますよね。
本を読んだり、ネットで検索したり、誰かに相談するという手段もあります。
私も手当たり次第にメンタル系の本をむさぼり読んだり、一日中ネットを見まくったり、
専門家に相談したりということを経験してきました。
でも・・・・・。
悲しいことに、いつになっても自分の納得がいく答えが見つからなかったのです。
「そうか、これか!」と見つかった気がしたことはあったのですが、時間が経つにつれて
なんだか違う感じがしてくるのです。
そんなことの繰り返しで時間ばかりが虚しく過ぎていきました。
今になって当時を振り返ると、私は自分の気持ちというものは常に「動く」ものだということに
気が付いていなかったのですね。
だから、「どんな自分にも当てはまる答え」というものが存在するはずだ、と信じて疑わなかったわけです。
気持ちや感情を封じ込めていた人間の、悲しい性<サガ>ですね(笑)。
気持ちや感情というものは、常に揺れ動いている・・・。
それが自然なことなのだ、悪いことでも何でもないのだ。
そのことに気が付いてからは、自分の一生を通して通用する「万能で不変で完ぺきな答え」を
探すことの無意味さが分かってきました。
そして、そもそも答えを探す意味とは?こんなことも考えるようになりました。
本を読めばそれらしきことが書いてあったりします。
でも、その本を書いた人は、自分で書いた通りのことを今でも変わらずにそう思っているのでしょうか?
もしかしたら、本に書いた当時とは全く逆のことを考えているかもしれないのです。
人の意見というものは、あくまでもその人のモノです。
真意までは分からない場合もありますよね。
だから人が言った言葉というものは、あくまでもヒントとして自分に活用してみることに
とどめておくのが良いかもしれません。
それよりも、その時その時の自分の中にあるいろいろな気持ちや感情や考えなどに、 ていねいに向き合っていく。
納得がいくまで、腑に落ちるまで、自分自身に問いかけてみる。
そうやって答えを自分の中に求めていくことは、結果がどうであれ他人のせい・周りのせいに する必要のない、
とてもシンプルな方法です。
そして、今すぐこの答えを出す必要があるのか、一瞬でも立ち止まってみてはどうでしょうか。
もしかしたら、今日は答えが見つからなくても明日になったら良いアイデアが思いつくかもしれません。
そのための「明日という日」なのかもしれない・・・。
明日の自分を楽しみに待つというのも人生の醍醐味のひとつではないだろうか、そんなことを感じています。


Posted on: 6月 1st, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments