どこまで人を信じるか | エフ カウンセリングオフィス

どこまで人を信じるか

a0070_000198

なにかを信じるということは勇気がいりますね。

その対象が「人」であればなおさらです。
誰かを信じてみようとするとき、そこには常に「裏切られるかもしれない」という不安が付きまといます。
信じていたのに裏切られた。
経験したことのあるひとなら、その時の悔しさ、惨めさ、怒りなど、説明しなくてもお分かりですよね?
そして何より「こんな人を信じてしまった」自分が許せなくなります。
なぜ信じてしまったのだろう?
なぜ疑ってみることをしなかったのだろう?
なんて自分は浅はかなんだろう。
こんな思いが湧いて来れば来るほど、自分を裏切った相手に怒りをぶつけたくなってきます。
恥を忍んで書きますが、私も経験があります。
悔しい思いをして、相手をののしりたくなるような気持になったことが・・・。
そして最後は、簡単に信じてしまったバカな自分を呪います。
ところがですね、別の角度から見てみるとハッと気づくことがあったんですね。
じゃあ私は、いつも、いつでもられに対しても100%信じてもらえる存在だっただろうか?」
こう問いかけてみるとよく分かるのです。
気分や感情、考え方、そして信念や価値観いったものまでが、「常に動かずにいるわけではない」ということが。
(あくまでも私の場合です、念のため)
だとすると、私を信じてくれた人の期待や思いを「裏切っていた」可能性が非常に高いわけです。
「黒田さんはきっとこういう人なんだろう。だったらきっとこうしてくれるに違いない。信じてみよう!」
そういう期待を、ものの見事に裏切ってきた可能性が大、なのです。
気持ちが揺れ動くからだけではありません。
私は他人に、「私のすべて」を見せてはいないんです。
自分のすべてを人に見せることなどできないのです。
なぜなら、自分でもよく分かっていない「いろんな自分」が自分の中には存在するからなんですよね。
だから、外に見えているのはその人のほんの一部分にしか過ぎないのです。
その「一部分」だけを見て、その人のことを「すべて信じる」。
そして、その結果に一喜一憂するというのは、どうもピントがずれているような気がしてならないのです。
そもそも「信じる」ってどういう事?という疑問もわいてくるわけです。
いろいろな人がいろいろな言葉で表現していますね。
私だったらどんな言葉で表すだろうか?と考えてはみるのですが、
ひとことで言い表せるような言葉は思い浮かびません。
ただ、信じたことで事態がどう動いていくか、最後まで目をそらさずに「その結果」と付き合う。
そんな覚悟は持ちたいな、と思います。
覚悟とは、自分の気持ちや感情に蓋をしないでそれを見届ける、という事でもあると私は思います。
誰をどこまで信じるか。
マニュアルなんてものはないし、ましてや「正解」もないでしょう。
だからこそ、誰かの真似ではない自分ならではの「選択の自由」がそこにはある。
そういうことではないでしょうか。
プレッシャーと受け取るか、チャンスと捉えるか。
それもまた自分次第、自由です。  


Posted on: 10月 23rd, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments