感情の封印を解く(3)~自由を手に入れるとき | エフ カウンセリングオフィス

感情の封印を解く(3)~自由を手に入れるとき

                             

実はまたギックリ腰をやってしまいまして、ブログ更新が滞ってしまいました。
やっと復活です。
さて・・・前回のつづきです。
皆さんは「自由」というコトバからどんなことを想像しますでしょうか?
人によっていろいろだと思いますが、少なくとも悪い感じはしないのではないでしょうか。
できることなら自由になりたい、そう思う人も多いと思います。
何から自由になるのかは、もちろん人それぞれなのはいうまでもありませんが・・・。
そして、その自由を手に入れるためには「苦しみ」とか「辛さ」といったものを除く必要がある、
そう考えてしまうのも自然なことかもしれません。
自分を苦しめるものから自由になりたい。
だから、その「苦しみ」を取り除こうと必死になる。
でも、そんなに簡単に「苦しみ」を取り除くことはできない。
だったら「苦しみ」を感じなければよい。
感情を封印することで・・・。
こうしてロボットのような自分を作り上げてしまうわけです。
自由を求めた結果がこれです。
こうして「感情」が「不自由」になってしまいました。
感情が不自由になるとはどういう事でしょうか?
自分が何をしたいのか、したくないのか。
自分が何を、誰を好きなのか・・・何が、誰が嫌いなのか?
そんなことがすべてわからなくなってしまうということです。
生きている実感が薄れてしまうということです。
自分の中には何の変化も感じなくなっていきます。
時間だけが静かに流れて行くのです。
自由を求めたがための「感情の不自由」・・・。
あまりにも大きな代償を払うことになってしまいます。
大きな代償を払い続けることはとても不自然なことです。
いつまで耐えられるか、という問題になっていきます。
心が耐えきれずにボロボロとなってしまう前に、封印を解いて感情を自由にしてあげる必要がありそうです。
簡単にはいかないかもしれません。
勇気も必要でしょう。
でも、勇気を出せば、本当の自分らしさが手に入るのです。
それは、誰からも邪魔されない<自由な自分>です。
(またまた次回に続きます)


Posted on: 12月 6th, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments