気持ちの整理がつかない | エフ カウンセリングオフィス

気持ちの整理がつかない

                   

みなさまこんにちは。
久しぶりの更新となってしまいました。
滞っている間にもご訪問いただきありがとうございます。
このところ急に寒さが厳しくなってきましたね。
年末の大掃除よろしく気持ちの整理もつけられたらいいな、と思う人も多いのではないでしょうか。
もやもやした気持ちをスッキリさせたい!
うっとうしい人間関係にもケリをつけたい!
思い悩むことなく楽しい気分になりたい!
気持ちの大掃除を出来たらいいな・・・.私ももそう思います。
ところがですね、これが意外と難しい。
やってはみることはできるのですよね、
気持ちに区切りをつけたり、思い切って決断をしてみたり、
あるいはいさぎよく諦めてみたりとか。
でも、整理したつもりでもなぜかスッキリしないことがあるのです。
そのわけは・・・。
気持ちの整理を「頭で考えて」やってしまったからにほかなりません。
体に痛みがあるとしましょう。
頭で「痛くない」と考えたところで、痛いものは痛いのです。
痛く感じるのです。
気持ちもそれに似たようなものかもしれませんね。
理屈や理論でこねくり回したところで気持ちは正直です。
諦められないものは諦められない。
欲しいものは欲しい。
嫌なものは嫌!
子どもと同じですよ、大人だって。
でも、頭では分かっているのですよね、そんなこと言ったって気持ちを優先したら立ち行かなくなることくらい。
そこは大人です、子どもとは違います。
ではどうしたらいいか。
「気持ちの整理」をするのです、本当の意味での。
まずは・・・無理に片づけて隠したり、むやみに捨ててしまったりしないようにしてみます。
深呼吸しながら、自分の中に雑然としている気持ちをひととおり眺めてみます。
中には直視できないほどつらい気持ちもあるかもしれません。
目をそむけたくなるような醜い感情もあるでしょう。
自分の中に置いておくのがしんどい気持ちは、少し脇の方によけておきます。
それでもつらい時にはその時は一時的に隠しておくこともできますね。
あるいは、自分が少しでも心地よいと感じることが出来るような置き方を工夫することはできます。
自分の感覚を信じてそれを頼りにしながらやるのがコツです。
決して頭で考え過ぎないように・・・。
そして、今は整理する作業自体がもつらいな、と感じたら・・・。
そのままにしておいたっていいではないですか。
部屋と同じです。
散らかったままだっていいのです。
その状態が今は良い、マシだとと思えるのなら。
片づけたくなったら、いつだって片づけることはできるのですから。
自分の気持ちなのですから、逃げたりなんかしません。
それよりも今はほかにやりたいこと、やるべきことがあるのかもしれません。
そこに気が付くことが大事ではないでしょうか。
「気持ちはいつも整理整頓していなければならない」
この根拠のないルールから自分を外してあげることも時には必要ではないでしょうか。
誰かが決めたルールで自分を縛る必要はないのです。


Posted on: 12月 27th, 2012 by エフ カウンセリングオフィス No Comments