ブログ | エフ カウンセリングオフィス - Part 27

不完全燃焼の怒り

2011年12月27日

いつも何かに怒っている、何かに腹を立てている・・・。何を隠そう、かつての私がそうでした。表面上はいつもニコニコして腰を低くしていました。 世間的には温厚な人、親切な人、優しい人で通っていました。でも心の中には怒りの嵐が吹き荒れていたのです。 他人の態度や言動が全て気に入らない、許せない…。なぜ歩きタバコをする?(煙がくさいんだよ!怒。) なぜポイ捨てする?(ゴミ箱あるのが見えないのか!怒。) なぜ車間距離を空けない?(事故になる!危ない!!!怒。)日常のこんな些細なことから、果ては政治経済やら世界情勢その他もろもろのことまで・・・ 恥ずかしいことに、いい年をした大人でありながら本当にこのような […]


続きを読む »

他人の侵入から自分を守る

2011年12月25日

無人島でたった一人で生きていくのではない限り、人との交わりを 避けるわけにはいきません。 そこには言葉や態度による感情のやのやり取りがなされるわけで、 他人から傷つけられたり、また逆に他人を傷つけたりしてしまうことが出てきます。そして他人から傷つけられる時、なにかこう自分の心の中に土足で 踏み込まれ、 平穏な心の中をかき回される感じがするのは、私だけでしょうか? 今日はこんなことを少し考えてみたいと思います。 私が誰かに(仮にAさんとします)「傷つけられた!」と思ったとき、 他にどんなことが自分の頭の中に浮かんだかというと、例えばこうです。 「なんでそんな酷い言葉で言うわけ?」 「なんでそんな […]


続きを読む »

苦悩が姿を変えてゆく

2011年12月24日

今年も後わずかとなってきました。 本当に月日が過ぎるのは速いですね。読んで下さる人がいることが有難く、それを励みに文章にしてきました。 当時の感情や感覚を記憶だけを頼りに言葉で表現するのは、 想像以上に難しい作業でした。 膨大な出来事の中から、最重要だと思われることだけを厳選して、 自分の気持ちの変化を大雑把ではありますがなぞってみたつもりです。さて、これまでの自身の振り返り作業にここでひとまず区切りをつけたいと思います。 『本当の自分がすぐ目の前まで戻ってきつつあるのに、 そうはさせないという抵抗が自分の中に起きている』 この状態がしばらく続いたのですが、この葛藤はかなり強烈でした。ここを何 […]


続きを読む »

自分の気持ちはどこへいった?

2011年12月16日

このブログを立ち上げてから2週間が過ぎました。早いものですね。思いつくままに自分の今までのことを書き連ねてきましたが、読んで下さる方がいるというのはとても嬉しく励みになることです。どうもありがとうございます。今日は「自分の気持ちがわからない」ということについて考えてみたいと思います。私は子供のころから、自分の気持ちと体がうまく連動していないというか、思った通りにすぐ動けない、という違和感を抱きながら過ごしてきました。その「自分の気持ち」というものが本当に「自分のモノ」であったかどうか、実は疑わしいのではないかと最近思うようになりました。「自分のモノ」でなかったから「体が動かなかった」そういう可 […]


続きを読む »

なぜACを抜けることができたのか?

2011年12月15日

寒い日が続いていますね。 今日は少し明るい話でも書いてみようかと思います。なぜ私がACを抜けることができたか?についてです。 一言でいってしまうと、人を信じることができるようになった、からです。 私はこれができるようになるまで40年もかかってしましました。 ここでいう「人」とは「他人」でもあり「自分」でもあるのですが。 「他人」とは、ネット上で知り合った人であったり、 実社会で出会った人であったり、いろいろな人であったわけですが、 どの人も、私がACから抜けたいと強く思って動き始めてから初めて出会った人たちばかりでした。溺れる者は藁をもつかむ、といった言葉がピッタリな感じです。 もう、私を助け […]


続きを読む »

失敗と成功の基準を自分で決める

2011年12月13日

「しまった、失敗した~!」と思うのはどんな時でしょうか? コーヒーをこぼしてしまった。 また食べ過ぎてしまった。 財布を家に置いてきてしまった。 ~さんに電話をするのを忘れてしまった。 今日も掃除ができなかった。 仕事でミスをしてしまった。 ○○をやってしまった~。 ○○をやることができなかった~。以前の私は、このセリフを一日に何度も何度もつぶやいていました。 私は完ぺき主義だから、自分に厳しいから。 自分に厳しいのは上昇志向があってポジティブだから。 そう思っていました。『失敗』の基準を多く作り出すことで『成功』できないようにしていたのですね、自分自身で。 私は親から褒めてもらうことがほとん […]


続きを読む »