注意されるのが怖い | エフ カウンセリングオフィス

注意されるのが怖い

どれだけ注意をしていても
うっかりミスをしてしまう。
いつもは問題なくこなせていたのに
なぜか今日は失敗してしまった。
仕事をしていれば誰しも
このようなこと、経験しますよね。
すぐに気を取り直すことができればいいのですが
なかなかそうもいかない場合もあります。
たとえば、ひどい言葉で叱責されることが
繰り返されているような環境…
「なんでこんな失敗するの?!」
「同じこと何度も言わせないで!」
「いつになったらできるようになるんだ!」
「君にはがっかり、失望したよ」
あげればきりがありません。
このようなひどい言葉を浴びせかけられて
平静を保っていられる人はまずいないでしょう。
それどころか身をえぐられるような
激しいダメージを感じても不思議ではありません。
攻撃性のある鋭い刃のような言葉。
それは人の心に突き刺さります。
私たちの心の中にあるセンサーは
そのような言葉を「危険物」として感知します。
危険物は排除しなければなりません。
なぜならばそのまま自分の中に置いておくと
ジワジワと毒が漏れ出てくるからなのですね。
ですから、排除しようとして拒否反応がでます。
それは「怖い!」だったり「気分悪い!」だったり
非常に激しい怒りだったりします。
あるいはそのような反応ではなく、
例えば、悲しみを感じることだったりします。
場合よっては、はっきりとした反応がおこらずに
あたかも凍りついてしまったかのようになります。
これはみな自然な反応なのです。
言ってみれば生存本能とも言えものなのです。
ですからそんな自分を責めなくても大丈夫です。
むしろ「今は過酷な状況を持ちこたえている!」と、
自分に声をかけてあげる必要がありそうです。

Tags: , , , ,
Posted on: 8月 6th, 2021 by fc-office