周りからどう見られているのだろう?(2)~苦しい努力 | エフ カウンセリングオフィス

周りからどう見られているのだろう?(2)~苦しい努力

周りからどう見られているのだろう?~止まらない思考 の続きです
どう見られているのだろう?と思考をめぐらす。
考えに考えて、そして疲れ果てる。
もちろん頭ではわかっているのです、
どんなに考えても答えにはなかなかたどり着けないことを。
ではなぜこれほどまでに、そしていつから
こうして思考が止まらなくなってしまったのでしょうか?
思い起こしても、はっきりとわからない、
よく覚えていない・・・・。
そんな人も多いのではないでしょうか?
あくまでもあるひとつの仮定として
「それをする必要があるからする」のだとしたら?
つまり自分のなかで
「周りからどう見られているのか知る必要がある」
となっている可能性もあるということです。
知っておいた方がよい。
その方が安心できる。
知っておけば対策が立てられる。
嫌われないように・・・。
自分が「嫌われない」ようにするには
どうすればいいのかな?
相手が自分をどう見ているかを分析できれば、
嫌われないための行動を取ることができる!
こんなアイディアのようなものが
思い浮かんできたのかもしれません。
でも、ちょっと立ち止ってみてください。
どこか不自然さというか、違和感がないですか?
相手が自分をどう見ているか?
それを知っていくことが悪いと言いたいのではありません。
嫌われたくないという気持ちを否定するつもりも
全くありません。
相手に嫌われないように
怒られないように
気に入ってもらえるように
評価をしてもらえるように
とにかく認めてもらえるよう・・・・
そのための努力をしていくうちに
苦しくなってくるのではないでしょうか?
そして問題は、この努力はどこまでいっても
おそらくきりが無いということなのです。
この苦しい努力を、延々と続けていく・・・
それはあまりにも酷というものです。
自分に課しているこの苦行、
これも生きづらさの要因のひとつでは?と思うのです。

Tags: , ,
カテゴリー: 09.恐れ・不安感
Posted on: 8月 24th, 2021 by fc-office